沖縄昆虫同好会

12月例会のお知らせ

会員各位へ

沖縄昆虫同好会12月例会のお知らせ
日時 12月21日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2階

 2011年度最後の例会です。会員の皆さん、ぜひ参加してください。
 今年度の一話を各会員、報告をお願いします。
 あー、これは絶対面白いはず、体がムズムズすると思っている会員の皆さん。話したほうがスッキリするよー。
例会の参加は、会員でなくても参加は自由です。自然に興味のある方々、どなたでもかまいません、誘って参加してください。

img src="/usr/okinawakontyou/ken815-10.25-yoko.gif" alt="" >
10.26、三重県南牟婁郡御浜町阪本で標識されて、11.1八重岳で再捕獲された個体

会員各位へ

沖縄昆虫同好会11月例会のお知らせ
日時 11月30日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2階

 アサギマダラは10月中旬から11月にかけて本土各地から飛来したようで、現在福島県、長野県、愛知県、徳島県でマークされた個体が再捕獲されています。例年の長崎からのマークはまだです。
例会の参加は、会員でなくても参加は自由です。自然に興味のある方々、どなたでもかまいません、誘って参加してください。む面

沖縄昆虫同好会のぶろぐは「てぃーだブログ」にあります。
http://okinawakontyou.ti-da.net/

img src="/usr/okinawakontyou/nagamine.gif" alt="" >
アサギマダラの渡りについて解説する長嶺氏

img src="/usr/okinawakontyou/nagamine1.gif" alt="" >
翅に日付・場所・名前が標識された個体

 11月12日午後、「アサギマダラの渡りの秘密を探る」と題する親子教室が本部町の海洋博研究センターで開催され、沖縄昆虫同好会事務局の長嶺邦雄氏が講師をつとめた。
 沖縄の蝶について学び、海を越えて移動するマダラチョウの仲間、アサギマダラの渡りについて、詳しく学習。教室のために当日捕獲された約50頭の翅に、長嶺氏の指導のもと、フェルトペンを使い親子で標識した。標識された個体は教室の終了した後に、長嶺氏が採集したもとの場所で放蝶した。
 会員の皆さん、それから自然の好きな方々、本部半島でアサギマダラを見かけたら、翅に標識されているかどうか、確認してください。情報お待ちしております。

画像の説明
水田の畦に生育するスズメノトウガラシ

スズメノトウガラシLindernia antipoda
ゴマノハグサ科 各島に分布
 湿地に生える1年生草本。水田の畦でよく見られるが、稲栽培がなくなってきた昨今、本種をはじめ湿地を好む植物たちが減ってきている。
タテハモドキの食草
沖縄、西表島から記録されている。

会員各位へ

沖縄昆虫同好会10月例会のお知らせ
日時 10月26日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2階

今はどの場所でもチョウの数がたいへん多くて、楽しくなってきます。台風被害の反動なのでしょうか。シロノセンダングサに群れている数は尋常ではありません。
北からアサギマダラ、タイリクアキアカネはもうきているはずです。最新の情報を例会で報告してください。
会員でなくても参加は自由です。自然に興味のある方々、どなたでもかまいません、誘って参加してください。

画像の説明
アブラススキEccoilopus cotulifer
イネ科 沖縄各島に分布
 低地から山地にかけて生える1年生草本。ときにに群生する。

ユウレイセセリの食草
 沖縄島から記録されているが、報告は少ない。

画像の説明
オカミズオジギソウNeptunia natans
マメ科 インド原産

 帰化植物。荒れ地や路傍に生えていて、オジギソウと同じように葉に触れると閉じる。しかし、動きはオジギソウに比べて緩慢。

キチョウの食草
 沖縄島記録されている。
ヒメシルビアシジミの食草
 沖縄島記録されている。

画像の説明
沖縄島でもごくたまに栽培されていることがある

ナンバンコマツナギIndigofera suffruticosa
マメ科 インド原産
 八重山地方では藍色の染料を得るために栽培されてきた。移出し野生化していて、荒れ地や民家の近くで見られる。

ルリウラナミシジミの食草
竹富、西表、波照間島で記録されている。
ウラナミシジミの食草
西表島で記録されているが報告は少ない。

ササバサンキライSmilax nervo-marginata
ユリ科 沖縄各島に分布

 常緑のツル性植物。葉は名前の通りササの葉にそっくりで、やや多肉で堅い。低地には少なく、沖縄島では中北部の山地に数多く見られる。

ルリタテハの食草
手元に最新の確かな文献はない。過去に記録されているようだ。

画像の説明
ヤエヤマシキミIllicium anisatum var.tashiroi
別名 リュウキュウミヤマシキミ、スグダチミヤマシキミ
モクレン科 石垣、西表島に分布
 常緑の中高木。低地には少なく山地に生育している。沖縄島にはシキミが分布する。

クロアゲハの食草
 石垣島から1例だけ記録されている。

画像の説明
マルヤマカンコノキBridelia glauca f. balansae
トウダイグサ科 宮古 石垣 西表 与那国 波照間島に分布
 常緑の中高木。葉は楕円形で裏面が灰色っぽい。太い幹からトケ゛状の根がでる特徴がある。

ヤクシマルリシジミの食草
 西表島から記録されている。

画像の説明
ヒメイタビFicus thunbergii
クワ科 日本、南西諸島に分布
 常緑のツル性木本。雌雄異株で雌の果実は、ピンポン玉やりやや小さく黒紫色に熟すと甘くてたいへなん美味しい。沖縄島の北部では山の幸として、親しまれている。

イシガケチョウの食草
 沖縄島から記録されているが、報告は極めて少ない。

画像の説明
石垣、西表島には多い樹木

タイワンオガタマMichelia compressa var. cumingii
モクレン科 石垣 西表 与那国に分布
 常緑の高木。オガタマノキに比べて、葉は全体的に小さい。オガタマノキの生育の数が少ないのに比べて、石垣・西表島には豊富に生育する。そのため、食草として利用するミカドアゲハの個体数は非常に多い。

ミカドアゲハの食草
 石垣、西表島で記録されている。
コモンタイマイの食草
 与那国島で記録されている。

画像の説明
ササキビSetaria palmifolia
イネ科 沖縄各島に分布
 多年生の草本。低地から山地にかけて、林道の脇や崩壊した場所等でよく見られる。小さな群落になることが多い。

クロコノマチョウの食草
 沖縄、西表島から記録されているが報告は極めて少ない。

img src="/usr/okinawakontyou/kitunenohimago1.gif" alt="" >
久しぶりに見ることのできた小さい花

img src="/usr/okinawakontyou/kitunenojago.gif" alt="" >
草姿

キツネノマゴJusticia procumbens
キツネノマゴ科 奄美 沖縄群島に分布

 多年生の草本。田舎の路傍、海岸の荒れ地に多かったが、急速な生育地の変化で、数が減っているように見える。沖縄島では生育地の減少が顕著で、探すのに時間がかる。

アオタテハモドキの食草
 沖縄、石垣島から記録されているが、報告は少ない。

画像の説明
なじみの植物、ナイクチョー
ギンネムLeucaena leucocephala
方言名 ナイクチョー
別 名 ギンゴウカン
英 名 White Popinac
マメ科 南米原産

 常緑の中高木。細長く伸びて、群落を形成する。沖縄の人々にとって身近で、枝・葉は家畜の餌で、薪にと重宝してきた。

キチョウの食草
 記録は少ない。好む食草ではないようだ。

画像の説明

ギランイヌビワFicus variegata var. sycomoroides
クワ科 宮古、石垣、西表、与那国島に分布
 常緑の高木。西表島では低地から山地にかけて比較的多く見られる。ガジュマルと同じ仲間なので、葉や枝をちぎると白いネバネバした白い汁がでる。

マルバネルリマダラの食草
 1例だけ、西表島から記録されている。
ツマムラサキマダラの食草
 西表島から記録され、飼育羽化の報告もある。
イシガケチョウの食草
 西表島から数多く記録されている。

画像の説明
キジョランMarsdenia tomentosa
ガガイモ科 沖縄島大宜味村
 大宜味村の古石灰岩地帯の林内に生育するツル性の多年生草本。同じ古石灰岩地帯の八重岳、嘉津宇岳では見たことがない。

アサギマダラの食草
 食草としての報告は最近で、記録は少ない。

オキナワスズムシソウStrobilanthes tashiroi
キツネノマゴ科 琉球列島に分布
画像の説明
 多年生の草本。山地性で低地には少ない。時に小さな群落を作ることがある。花は冬期に咲き、青紫色できれい。

コノハチョウの食草
 沖縄、石垣島から記録されている。成虫の個体数が多い割に報告は少ない。

画像の説明
葉の裏が白っぽいのが特徴

オキナワウラジロガシQuercus miyagii
ブナ科 琉球列島の固有種
 常緑の高木。葉の裏は灰白色。ドングリは丸く大きく、日本一の大きさと言われている。用材は優れていて、様々な用途に使われている。薪炭材としても最高級。

ムラサキシジミの食草
 沖縄、西表、石垣島から記録されているが、報告は少ない。

画像の説明
イヌビワFicus erecta
クワ科 沖縄各島に分布

 山野に普通見られる中低木。葉や果実を傷つけると、白い乳液がでて触ると粘り、とれにくい。果実は紫黒色に熟すと、食べられる。

 イシガケチョウの食草
 低地に生えるケイヌビワに比べて、報告は少ない。イヌビワとケイヌビワは同種で葉に毛が多いことからつけられているので、外見はほとんど見分けがつかない。沖縄島中南部には、イヌビワではなくほとんどケイヌビワが自生していると言われている。

画像の説明
イヌガシNeolitsea aciculata
別名 マツラニッケイ
クスノキ科 日本、朝鮮、南西諸島に分布
 イヌガシは、沖縄の各島々の山野に自生する常緑の中高木。春先の新芽は金色で、とても美しい。雌雄異株。春に赤い花をつけ、秋に黒紫色の果実をつける。材は薪などに利用されてきた。

アオスジアゲハの食草
 図鑑等文献に記載されているだけで、沖縄から記録された報告は見つけられなかった。

画像の説明
大きな株付近には根から小さな株が生えていることが多く、幼虫がついていることもある。

アカハダノキ(タマザキゴウカン)Pithecellobium bigeminum
マメ科 石垣、西表、台湾、南中国に分布
 常緑の小高木で、若葉に褐色の柔らかい毛がある特徴を持つ。2回羽状複葉で対生、小葉は3~4対ある。海岸近くの低地から低山地にかけて生育する。

タイワンキチョウの食草
 西表島で記録が多く、石垣島で数例が報告されている。西表島では記録から、年間を通して新芽が出ているのであろう、よく利用されている。
各位へ

 またまた台風です。今度は小さいのですが、連休全てがつぶれました。
9月定例会のお知らせです。
 
この夏体験した超貴重、絶対自慢したいことや自が感動したことを報告してください。熱心に聞いてくれて共感し、喜んで感動してくれるのは沖昆の例会だけ。
追いかけているテーマ等や新知見・問題等、ぜひお話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。

日時 9月21日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.30.gif" alt="" >
琉球の昆虫第30号
2006.10.30 p60
西村正賢 ヨツボシセセリモドキに関する1資料 琉球の昆虫(30):22~24.
焼田理一郎・小濱継雄 沖縄県産トンボ類分布資料・補遺(1) 琉球の昆虫(30):25~35.
長田 勝 カラスヤンマの羽化場所 琉球の昆虫(30):36.
野林千枝 浦添大公園・Bゾーンに掛けたトラップで記録した昆虫類 琉球の昆虫(30):36~38.
野林千枝 嘉数高台公園に掛けたトラップで記録した昆虫類 琉球の昆虫(30):38~39.
野林千枝 バナナトラップでフチトリアツバコガネを採集 琉球の昆虫(30):39~40.
野林千枝 冬期・倒木の中で目撃できた昆虫類 琉球の昆虫(30):40~41.
野林千枝 東村でシロテンハナムグリを採集 琉球の昆虫(30):41~43.
楠井陽子・楠井善久 日中に飛翔していたシロスジオサゾウムシ 琉球の昆虫(30):43.
楠井善久 与那国島2006年の採集ー1969年と比較してー 琉球の昆虫(30):43~48.
楠井善久 シロアリ羽根落としーハネムーンの終わりー 琉球の昆虫(30):48~49.
楠井善久・野林千枝 古宇利島と屋我地島の半日採集の記録 琉球の昆虫(30):49~50.
楠井善久 慶良間諸島慶留間島においてケラとクチキコオロギを採集 琉球の昆虫(30):51.
長田 勝 アカギカメムシの大集団 琉球の昆虫(30):51~52.
新田敦子 リュウキュウアサギマダラの新食草 琉球の昆虫(30):53.
渡邊豊信 ツマグロキチョウを粟国島にて観察 琉球の昆虫(30):53.
斎藤基樹・渡邊豊信 リュウキュウウラボシシジミPithecops corvus生息地 琉球の昆虫(30):54.
太田悠造 2006年の春にケブカコフキコガネを採取 琉球の昆虫(30):54~55.
岡崎幹人 南大東島におけるコモンヒメハネビロトンボの記録 琉球の昆虫(30):55~56.
富永 智 2006年8月1日に末吉公園で見かけた蛾類 琉球の昆虫(30):56~57.
長嶺邦雄 沖縄島でマルバネルリマダラの一時的発生 琉球の昆虫(30):57~58.
長嶺邦雄 西表島でクロコノマチョウ、クルーギールリマダラを記録(再報告) 琉球の昆虫(30):58.
長嶺邦雄 南大東島のコフキオオメトンボの羽化消長 琉球の昆虫(30):58~60.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.23.gif" alt="" >
琉球の昆虫第23号
2003.10.22 p83
長嶺邦雄 西表島での蝶類・幼生期の記録(1997.1~2002.3) 琉球の昆虫(23):1~19.
長嶺邦雄 西表島白浜旧道の蝶・トンボ・セミ(1999.2~2002.3) 琉球の昆虫(23):20~48.
焼田理一郎 名護市のオニヤンマの記録 琉球の昆虫(23):48.
焼田理一郎 伊平屋島のリュウキュウルリモントンボの記録 琉球の昆虫(23):49.
焼田理一郎 ヒメイトトンボ白粉型の記録 琉球の昆虫(23):49.
比嘉正一・野林千枝・片野茂樹 那覇市の蝶類の記録(1996-1998年) 琉球の昆虫(23):50~64.
野林千枝 2000~2001年・沖縄島及周辺離島の蝶の記録 琉球の昆虫(23):65~79.
焼田理一郎 阿嘉島で採集したトンボ 琉球の昆虫(23):80.
小濱継雄 八重山諸島黒島のトンボ類 琉球の昆虫(23):81.
岡村 純 ハマヤマトシジミの採集記録-1986年~2003年- 琉球の昆虫(23):82.
小濱継雄 西表島におけるヒメアサギマダラの記録 琉球の昆虫(23):82.
岡村 純 2003年5月 石垣島におけるアサギマダラのマーキング記録 琉球の昆虫(23):83.
木村正明 2003年5月~6月 沖縄島におけるアサギマダラ・マーキングデータ 琉球の昆虫(23):83.

琉球の昆虫第22号
2003.5.28 p55

野林千枝 1999年沖縄島および周辺離島の蝶の記録 琉球の昆虫(22):1~11.
比嘉正一 蝶類の記録(1997年、1998年) 琉球の昆虫(22):12~23.
焼田理一郎 オキナワコヤマトンボの8月中旬の記録 琉球の昆虫(22):23.
比嘉正一 蝶類の記録(1999年) 琉球の昆虫(22):24~32.
焼田理一郎 コモンヒメハネビロトンボの冬季の記録 琉球の昆虫(22):32.
富永 智 沖縄本島南部の1月の蛾の記録 琉球の昆虫(22):33~36.
焼田理一郎 与那国島のヒメキトンボについて 琉球の昆虫(22):36~37.
焼田理一郎 与那国島でコモンヒメハネビロトンボを採集 琉球の昆虫(22):37.
木村正明 浦添大公園で実施した蝶のラインセンサス(2002年度) 琉球の昆虫(22):38~53.
焼田理一郎 7月下旬にオキナワサナエの産卵行動を目撃 琉球の昆虫(22):54.
焼田理一郎 ギンヤンマの地上での摂食例 琉球の昆虫(22):54~55.
焼田理一郎 オオギンヤンマの11月の記録 琉球の昆虫(22):55.
焼田理一郎 オオギンヤンマの4月の記録 琉球の昆虫(22):55.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.21.gif" alt="" >
琉球の昆虫第21号
2002.3.27 p55
焼田理一郎・小浜継雄 沖縄県産トンボ類分布資料 琉球の昆虫(21):1~21.
野林千枝 沖縄島南部のフタオチョウの記録 琉球の昆虫(21):22.
大平仁夫・木村正明 琉球列島のコメツキムシ類の分布資料 琉球の昆虫(21):23~29.
榎戸良裕 沖縄県のハンミョウ類・基礎資料 琉球の昆虫(21):23~29.
野林千枝 1997年沖縄島の蝶の記録 琉球の昆虫(21):34~39.
野林千枝 1998年沖縄島の蝶の記録 琉球の昆虫(21):40~48.
比嘉正一 2000年に沖縄島で記録した蝶 琉球の昆虫(21):49~55.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.20.gif" alt="" >
琉球の昆虫第20号
1999.5.31 p55

長嶺邦雄 西表島の蝶の記録(1996年) 琉球の昆虫(20):1~27.
河野勝行 石垣島におけるツダナナフシの採集記録 琉球の昆虫(20):28.
杉本雅志 与那国島で私が確認している直翅系昆虫(3) 琉球の昆虫(20):28~29.
長嶺邦雄 鳩間島で見た蝶・トンボ・セミ(1996年) 琉球の昆虫(20):30.
長嶺邦雄 波照間島で見た蝶・トンボ・セミ(1996年) 琉球の昆虫(20):31~32.
白井和伸 1997年10月、久米島の蝶 琉球の昆虫(20):32~33.
木村正明・杉本雅志・稲田悟司 那覇市識名園の昆虫、1996年~97年の記録 琉球の昆虫(20):34~39.
木村正明・杉本雅志・稲田悟司 那覇市黄金森の昆虫、1996年~97年の記録 琉球の昆虫(20):40~50.
小浜継雄 那覇市でスジグロカバマダラを採集 琉球の昆虫(20):50.
焼田理一郎 那覇市の注目すべきトンボ数種の記録 琉球の昆虫(20):51.
編集室 【紹介】宮古島にツダナナフシおけるの記録 琉球の昆虫(20):51.
富永智 沖縄本島南部の野外における蛾類幼虫の寄生植物について(1) 琉球の昆虫(20):52~53.
小浜継雄 黒島でマルバネルリマダラを採集 琉球の昆虫(20):53.
焼田理一郎 1998年沖縄島のアジアイトトンボについて 琉球の昆虫(20):54.
木村正明 沖縄島中部(名護市より南)のフタオチョウの記録 琉球の昆虫(20):55.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.19.gif" alt="" >
琉球の昆虫第19号
1998.11.30 p43

長嶺邦雄 西表島での蝶類幼生期の記録(1995年4月~1997年3月) 琉球の昆虫(19):1~23.
木村正明・杉本雅志・稲田悟司 那覇市弁ヶ岳公園の昆虫,1996~97年の記録 琉球の昆虫(19):24~33.
比嘉正一・野林千枝・片野茂樹 那覇市のトンボの記録(1996~1998年) 琉球の昆虫(19):33~37.
比嘉正一・野林千枝・片野茂樹 那覇市のセミの記録(1996~1998年) 琉球の昆虫(19):37~38.
木村正明 1998年7月、末吉公園でクロイワゼミ確認できず 琉球の昆虫(19):38.
長嶺邦雄 与那国島の蝶・トンボ観察記録 琉球の昆虫(19):39~40.
長嶺邦雄 黒島で1996年2月25日に見られた蝶 琉球の昆虫(19):40~41.
木村正明 【琉球の昆虫18号の訂正】 琉球の昆虫(19):41.
杉本雅志 与那国島で私が確認している直翅系昆虫(2) 琉球の昆虫(19):42.
焼田理一郎 沖縄島、名護市でベニモンアゲハを採集 琉球の昆虫(19):43.
木村正明 沖縄島、大宜味村と宜野湾市におけるベニモンアゲハの記録 琉球の昆虫(19):43.
木村正明 南大東島でアサギマダラのマーキングを実施 琉球の昆虫(19):43.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.18.gif" alt="" >
琉球の昆虫第18号
1998.6.30 p39

		

野林千枝 1995~96年 沖縄島および周辺離島の蝶の記録 琉球の昆虫(18):1~18.
野林千枝 ツマムラサキマダラ成虫捕食者の観察記録 琉球の昆虫(18):19.
野林千枝 本部半島のマメクワガタの記録 琉球の昆虫(18):19.
木村正明・杉本雅志・稲田悟司 那覇市末吉公園の昆虫、1996~97年の記録 琉球の昆虫(18):20~34.
長嶺邦雄 小浜島で見た蝶・トンボ・セミ 琉球の昆虫(18):34~35.
長嶺邦雄 新城島(下地島、上地島)で見た蝶(1995年) 琉球の昆虫(18):35.
焼田理一郎 伊平屋島7月のトンボ 琉球の昆虫(18):36~37.
焼田理一郎 サキシマヤンマの早期成熟例 琉球の昆虫(18):37.
焼田理一郎 西表島でクニヨシシロオビゾウムシを採集 琉球の昆虫(18):37.
野林千枝 沖縄島産マメクワガタの記録 琉球の昆虫(18):38.
木村正明 1995年6月、尖閣諸島北小島の昆虫(3) 琉球の昆虫(18):38~39.
木村正明 ヒメイトトンボ、石垣島の記録 琉球の昆虫(18):39.
焼田理一郎 石垣島及び西表島のタイワンアサギマダラの記録 琉球の昆虫(18):38.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.17.gif" alt="" >
琉球の昆虫第17号
1997.11.30 p39

		

長嶺邦雄 西表島の蝶・トンボの記録(1995年) 琉球の昆虫(17):1~30.
長嶺邦雄 西表島でのセミの鳴き声の記録 琉球の昆虫(17):30.
比嘉正一 東南植物楽園内の蝶・セミ・トンボ
(1990~1992年) 琉球の昆虫(17):31~37.
杉本雅志 与那国島におけるキョウチクトウスズメの記録 琉球の昆虫(17):38.
木村正明 1995年6月、尖閣諸島北小島の昆虫(2) 琉球の昆虫(17):38.
杉本雅志 与那国島で私が確認している直翅系昆虫(1) 琉球の昆虫(17):39.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.16.gif" alt="" >
琉球の昆虫第16号
1996.6.20 p39

		

片野茂樹 ツマムラサキマダラ幼虫の食草を発見 琉球の昆虫(16):1.
片野茂樹 ツマムラサキマダラ幼虫の飼育記録 琉球の昆虫(16):2.
野林千枝 1994年 沖縄島でのツマムラサキマダラの飼育記録 琉球の昆虫(16):3.
野林千枝 ツマムラサキマダラの観察 琉球の昆虫(16):4.
木村正明・杉本雅志 キョウチクトウからツマムラサキマダラの蛹を発見 琉球の昆虫(16):4.
片野茂樹 ニセミナミコモンマダラの記録(同定誤りの訂正) 琉球の昆虫(16):5.
野林千枝 沖縄島産ミカドアゲハ飼育記録の追加 琉球の昆虫(16):5.
片野茂樹 アオタテハモドキ幼虫の新食草を発見 琉球の昆虫(16):6.
野林千枝 沖縄島でタイワンアオバセセリを採集 琉球の昆虫(16):7.
木村正明 沖縄島におけるタイワンアオバセセリの記録 琉球の昆虫(16):7.
野林千枝 沖縄島でウスコモンマダラを採集 琉球の昆虫(16):7.
野林千枝 1995年のカワカミシロチョウの記録 琉球の昆虫(16):8.
田中洋・平原洋司 その後のキョウチクトウスズメの記録が欲しい 琉球の昆虫(16):9~10.
木村正明 沖縄島におけるオオイチモンジシマゲンゴロウの記録 琉球の昆虫(16):10.
木村正明 沖縄島における、1993年~1995年のキョウチクトウスズメの記録 琉球の昆虫(16):11~12.
木村正明 琉球列島におけるハネカクシの記録(1) 琉球の昆虫(16):13~16.
焼田理一郎 名護市でオオイチモンジシマゲンゴロウを採集 琉球の昆虫(16):16.
木村正明 1993・1994年に久米島で確認した蝶の記録 琉球の昆虫(16):17~20.
野林千枝 1990~94年沖縄島および周辺離島の蝶の記録 琉球の昆虫(16):21~37
木村正明 1995年6月、尖閣諸島北小島の昆虫(1) 琉球の昆虫(16):38.
野林千枝 沖縄産のルイスツノヒョウタンクワガタの飼育記録 琉球の昆虫(16):39.
焼田理一郎 沖縄島におけるミナミツブゲンゴロウの記録 琉球の昆虫(16):39.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.15.gif" alt="" >
琉球の昆虫第15号
1993.7.1 p72
長嶺邦雄 渡嘉敷島の7月の蝶・トンボ・セミ(1988年) 琉球の昆虫(15):1~3.
長嶺邦雄 アサギマダラについて(1988年~1992年3月) 琉球の昆虫(15):4~10.
長嶺邦雄 アカタテハがヤナギイチゴに、ヒメアカタテハがカラムシに産卵 琉球の昆虫(15):11.
長嶺邦雄 1987年5月中旬~6月の那覇市鏡原中学校校庭での虫の記録 琉球の昆虫(15):12~13.
長嶺邦雄 石垣・西表のチョウ・トンボ・セミ
(1989年、1990年) 琉球の昆虫(15):13~15.
長嶺邦雄 沖縄島のトンボ類の目撃記録
(1987~1988年) 琉球の昆虫(15):16~18.
長嶺邦雄 オキナワオジロサナエの羽化殻数の記録
(1991年) 琉球の昆虫(15):18~19.
長嶺邦雄 沖縄島のトンボ類の目撃記録(1991年) 琉球の昆虫(15):20~23.
長嶺邦雄 沖縄島でのセミ類の鳴きの記録
(1989~1991年) 琉球の昆虫(15):23~26.
与那原正勝 南大東島で採集したチョウ・トンボ
(1992年) 琉球の昆虫(15):26.
焼田理一郎 沖縄島におけるヒメフチドリゲンゴロウの記録 琉球の昆虫(15):27.
焼田理一郎 与那国島の2月の蝶類の採集記録 琉球の昆虫(15):27.
焼田理一郎 コモンヒメハネビロトンボの12月の記録 琉球の昆虫(15):28.
野林千枝 沖縄島でのキタテハの記録 琉球の昆虫(15):29.
野林千枝 沖縄島の迷蝶2題 琉球の昆虫(15):29.
野林千枝 イワカワシジミの幼虫の目撃記録 琉球の昆虫(15):30.
野林千枝 シルビアシジミの異常型 琉球の昆虫(15):31.
野林千枝 シロオビアゲハ雌の異常型 琉球の昆虫(15):31.
野林千枝 沖縄産タテヅノマルバネクワガタに関する
覚え書き 琉球の昆虫(15):32~34.
長嶺邦雄 沖縄島での蝶の幼生期の記録
(1986年~1991年) 琉球の昆虫(15):35~59.
比嘉正一 東南植物楽園内の蝶類(1982~1983) 琉球の昆虫(15):60~72.
長嶺邦雄 数種の迷蝶の記録(1989~1991年) 琉球の昆虫(15):11~12.
焼田理一郎 渡嘉敷島におけるオオメトンボの記録 琉球の昆虫(15):28.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.14.gif" alt="" >
琉球の昆虫第14号
1991.7.31 p44

		

冬の沖縄、石垣、竹富各島でのアカタテハの生態調査から 松井安俊・松井英子 琉球の昆虫(14):1~3.
ヒメジャノメとリュウキュウヒメジャノメとの種間雑種ーもどし交配の結果(その2)ー 高橋真弓 琉球の昆虫(14):4~8.
慶良間諸島におけるコブナナフシの分布記録 楠井善久 琉球の昆虫(14):9.
伊江島のコガネムシ類採集記録 楠井善久 琉球の昆虫(14):9~10.
オオモモブトシデムシの琉球列島における分布記録 楠井善久 琉球の昆虫(14):11.
カバマダラ、リュウキュウガシワを食す 長嶺邦雄 琉球の昆虫(14):11~12.
沖永良部島の甲虫採集記録 楠井善久 琉球の昆虫(14):12~15.
古宇利島における10月の昆虫 楠井善久 琉球の昆虫(14):16~21.
浜比嘉島・薮地島の蝶 楠井善久 琉球の昆虫(14):21~22.
渡嘉敷島の11月の蝶 楠井善久 琉球の昆虫(14):23~24.
8月のアサギマダラの記録 野林千枝 琉球の昆虫(14):24.
沖縄島国頭村奥でキタテハを採集する 野林千枝 琉球の昆虫(14):25.
リュウキュウウラナミジャノメの産卵の記録 野林千枝 琉球の昆虫(14):25~26.
オキナワオジロサナエの羽化数の記録 長嶺邦雄 琉球の昆虫(14):27.
沖縄島のトンボ類の目撃記録(1989年)  長嶺邦雄 琉球の昆虫(14):28~31.
盛夏にオオゴマダラなどの異常集団を見る 加藤信一郎 琉球の昆虫(14):31~32.
沖縄島のトンボの目撃記録(1990年)  長嶺邦雄 琉球の昆虫(14):33~35.
沖縄島のトンボの目撃記録(1986年)  長嶺邦雄 琉球の昆虫(14):35~37.
津堅島・浜比嘉島夏の蝶類(1989年8月) 比嘉正一 琉球の昆虫(14):37.
津堅島春の蝶類(1990年3月) 比嘉正一 琉球の昆虫(14):38.
久高島初夏の蝶類(1990年4月) 比嘉正一 琉球の昆虫(14):38.
カバマダラの幼虫をカロトロピスで見つけた 比嘉正一 琉球の昆虫(14):38~39.
キノボリトカゲに捕獲されたスミナガシ 野林千枝 琉球の昆虫(14):40.
フタオチョウ幼虫の観察記録の報告文の訂正 野林千枝 琉球の昆虫(14):40.
1988年~1989年 沖縄本島産クワガタムシの採集及び目撃記録 野林千枝 琉球の昆虫(14):41~44.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.13.gif" alt="" >
琉球の昆虫第13号
1988.12.31 p133

佐藤文保 沖縄島のトンボ類の記録(2)

	琉球の昆虫(13):1~101.

佐藤文保 沖縄市郷土博物館で展示、保存された昆虫の採集目録 琉球の昆虫(13):102~116.
佐藤文保 沖縄島におけるセミ類の記録 琉球の昆虫(13):117~131.
小浜継雄 南大東島のトンボ 琉球の昆虫(13):132~133.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.12.gif" alt="" >
琉球の昆虫第12号
1988.12.31 p108

		

佐藤文保 具志川市栄野比・野外センター予定地の昆虫と動物の記録 琉球の昆虫(12):1~23.
野林千枝 アオタテハモドキの異常型 琉球の昆虫(12):23.
高橋真弓 1979年春・久米島の蝶 琉球の昆虫(12):24~26.
野林千枝・渡辺清 短報2題 琉球の昆虫(12):26.
佐藤文保 伊是名島の昆虫の記録 琉球の昆虫(12):27~28.
大城安弘 宮古島の直翅目相 琉球の昆虫(12):29~32.
野林千枝 フタオチョウ幼虫の観察記録 琉球の昆虫(12):32.
佐藤文保 沖縄島の直翅類の餌について 琉球の昆虫(12):33~40.
長嶺邦雄 奄美大島で再びイシガキヤンマを採集 琉球の昆虫(12):41.
長嶺邦雄 与那国島のチョウ・トンボ類(1987年8月) 琉球の昆虫(12):41~45.
佐藤文保 奄美大島の昆虫の目撃記録(1985年) 琉球の昆虫(12):46~57.
佐藤文保 カラスヤンマChlorogomphas brunneus brunneus Ogumaの産卵場所と産卵行動の観察の一例 琉球の昆虫(12):58~59.
佐藤文保 アサギマダラParantica sita Kollarの幼虫の沖縄島北部での記録 琉球の昆虫(12):60~62.
比嘉正一 久高島の蝶類(1987年) 琉球の昆虫(12):63~64.
佐藤文保 喜界島の昆虫の記録(1985年) 琉球の昆虫(12):68~70.
比嘉正一 石垣島・竹富島冬の蝶類 琉球の昆虫(12):71~73.
佐藤文保 沖縄島の蝶の採集記録 琉球の昆虫(12):80~85.
佐藤文保 徳之島の昆虫の目撃記録 琉球の昆虫(12):86~90.
当山昌直 北大東島で採集されたヒラタクワガタ 琉球の昆虫(12):94.
当山昌直 12月にクロイワツクツクの鳴きを確認 琉球の昆虫(12):95.
佐藤文保 オキナワサラサヤンマOLigoaeshna kunigamiensis (Ishida)の若虫(ヤゴ)発見場所について 琉球の昆虫(12):96~108.
比嘉正一 伊是名島の採集報告(1987年) 琉球の昆虫(12):65~67.
佐藤文保 沖縄島のトンボの記録(1) 琉球の昆虫(12):74~79.
佐藤文保 沖縄市端慶山ダムの昆虫(1) 琉球の昆虫(12):91~93.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.11.gif" alt="" >
琉球の昆虫第11号
1987.7.31 p148

		

松井英子・松井安俊 南西諸島における春期のヒメアカタテハの生態ー1983年の調査からー 琉球の昆虫(11):1~6.
上杉兼司・湊和雄 アサヒナキマダラセセリの成虫の行動についての知見ー訪花植物、吸水行動、吸いもどし行動、交尾拒否行動 琉球の昆虫(11):7~9.
上杉兼司 上杉の1985年までの報文の訂正 琉球の昆虫(11):9.
高橋真弓 ヤエヤマウラナミジャノメの幼虫と蛹についての覚え書き 琉球の昆虫(11):10~12.
加藤信一郎 1960年7月下旬、石垣島で採集したチョウ 琉球の昆虫(11):13~14.
野林千枝 ヤエヤマムラサキに関する覚え書 琉球の昆虫(11):15~19.
上杉兼司 沖縄という地名に関してー白水隆氏の提案に関して 琉球の昆虫(11):20.
上杉兼司・滝田真一 ヤエヤマムラサキの新食草の記録 琉球の昆虫(11):21.
堀田政男 八重山諸島の蝶1974年の記録 琉球の昆虫(11):22~26.
長嶺邦雄 沖縄島での蝶の幼生期の記録(1985年) 琉球の昆虫(11):27~33.
長嶺邦雄 久米島の5月の採集報告(1986年) 琉球の昆虫(11):34~36.
長嶺邦雄 渡嘉敷島の3月の蝶(1986年) 琉球の昆虫(11):37.
古波津智代・上杉兼司 1986年10月に渡嘉敷島で目撃された蝶類 琉球の昆虫(11):38.
長嶺邦雄 栗国島からの昆虫の記録(1985年7月) 琉球の昆虫(11):39~40.
加藤信一郎 八重山諸島で6月に採集したチョウ 琉球の昆虫(11):41~43.
浅見哲司 石垣島採集記録(1984年3月) 琉球の昆虫(11):44~46.
野林千枝 フタオチョウの交尾に関する記録 琉球の昆虫(11):47.
上杉兼司 ムラサキツバメ前蛹から得た線虫 琉球の昆虫(11):48.
渡辺清 オオゴマダラの越冬の一形態に就いて 琉球の昆虫(11):48.
野林千枝 蝶に関する短報4題 琉球の昆虫(11):49.
長嶺邦雄 沖縄島でのセミ類の鳴きの記録(1985年) 琉球の昆虫(11):50.
長嶺邦雄 沖縄島のトンボ類の目撃記録(1985年) 琉球の昆虫(11):51~53.
比嘉正一 沖縄県の蝶類(5)シジミチョウ科 琉球の昆虫(11):54~94.
比嘉正一 沖縄県の蝶類(6)ジャノメチョウ科 琉球の昆虫(11):95~114.
比嘉正一 沖縄県の蝶類(7)セセリチョウ科 琉球の昆虫(11):115~148.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.10.gif" alt="" >
琉球の昆虫第10号
1985.7.31 p146

		

小浜継雄 沖縄島産トンボ類目録 琉球の昆虫(10):30~42.
伊藤宣匡 八重山を訪ねて 琉球の昆虫(10):42.
金城政勝 石垣島・西表島で採集されたセミ類 琉球の昆虫(10):43~48.
野林千枝 沖縄産ミカドアゲハの分類学的位置に関する私見 琉球の昆虫(10):49~55.
片野茂樹 石垣、バンナ岳で燃えた日々(1984年)
クロタテハモドキ、ミナミコモンマダラ、コモンマダラを採集 琉球の昆虫(10):56~57.
長嶺邦雄 沖縄島での蝶の訪花植物(1984年) 琉球の昆虫(10):58~61.
長嶺邦雄 沖縄島での蝶の幼生期の記録(1984年) 琉球の昆虫(10):62~70.
長嶺邦雄 沖縄島のトンボ類の目撃記録(1984年) 琉球の昆虫(10):71~73.
小松 恵 沖縄島・石垣島・西表島のテングチョウの記録 琉球の昆虫(10):73.
鵜飼貞行 沖縄島・八重山におけるトンボ類採集記録 琉球の昆虫(10):74~78.
当山昌直 渡嘉敷島から採集されたオキナワコカブトムシ 琉球の昆虫(10):79.
当山昌直 沖縄島北部山地における9月のセミの観察 琉球の昆虫(10):79.
比嘉正一 沖縄県の蝶類(4)
タテハチョウ科 テングチョウ科 琉球の昆虫(10):80~122.
野林千枝 メスアカムラサキ、リュウキュウムラサキ台湾型の産卵行動について 琉球の昆虫(10):123.
野林千枝 沖縄島で採集した迷蝶3種 琉球の昆虫(10):124.
堀田政男 伊是名島のモンキチョウとウラナミシジミ 琉球の昆虫(10):125~126.
堀田政男 伊平屋島の蝶 琉球の昆虫(10):126.
片野茂樹 リュウキュウムラサキがキク科植物に産卵 琉球の昆虫(10):127.
島袋健二 リュウキュウムラサキの幼虫サツマイモより採集 琉球の昆虫(10):128.
野林千枝 フタオチョウの観察記録 琉球の昆虫(10):128~129.
野林千枝 沖縄島恩納村安富祖でのカラスヤンマの記録 琉球の昆虫(10):129.
長嶺邦雄 石垣島・西表島での採集・目撃記録(1984年) 琉球の昆虫(10):130~136.
長嶺邦雄 沖縄島でのセミ類の鳴きの記録(1983年) 琉球の昆虫(10):136.
長嶺邦雄・上杉兼司 沖縄島でのセミ類の聴きの記録(1984年) 琉球の昆虫(10):137.
長嶺邦雄 那覇市小禄地区のセミ類について(1984年) 琉球の昆虫(10):138.
上杉兼司 タイワンキチョウの産卵行動と卵、蛹に関して 琉球の昆虫(10):139~141.
黒住耐二 小笠原諸島でのキシタアシブトクチバとオオシラホシアシブトクチバの異常発生 琉球の昆虫(10):142~146.
当山昌直 あいさつ 琉球の昆虫(10):1.
渡辺清 祝辞 琉球の昆虫(10):1.
白水隆 沖縄昆虫同好会創立25周年を祝う 琉球の昆虫(10):2.
新城安哲 25周年目を迎えた沖縄昆虫同好会 琉球の昆虫(10):3~4.

	会員からの一言	琉球の昆虫(10):5~6.

白水隆 沖縄という地名の使い方について 琉球の昆虫(10):7.
東清二 最近の沖縄産昆虫研究の経過  琉球の昆虫(10):8~12.
福田晴夫 蝶の歴史学の時代 琉球の昆虫(10):13~17.
渡辺清 薄紫の君を訪ねて 琉球の昆虫(10):18~19.
加藤信一郎 沖縄そしてチョウと私 琉球の昆虫(10):20~23.
当山昌直 やんばるのこと 琉球の昆虫(10):24.
野林千枝 沖縄の蝶と私 琉球の昆虫(10):25~29.

	会員名簿	琉球の昆虫(10):147~149.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.9.gif" alt="" >
琉球の昆虫第9号
1984.12.25 p98

野林千枝 沖縄島産ミカドアゲハ 琉球の昆虫(9):1~8.
高橋真弓 ヒメジャノメとリュウキュウヒメジャノメの卵の大きさの比較(第3報) 琉球の昆虫(9):9~10.
比嘉正一 沖縄県の蝶類(3)マダラチョウ科 琉球の昆虫(9):11~33.
長嶺邦雄 沖縄島での蝶の幼生期の記録(1983年) 琉球の昆虫(9):34~42.
長嶺邦雄 アサギマダラについて1981年~1983年のマーキングを中心に 琉球の昆虫(9):43~59.
佐藤文保 沖縄島北部の採集報告(1) 琉球の昆虫(9):60~68.
長嶺邦雄 1983年の沖縄島北部・南部の蝶 琉球の昆虫(9):69~72.
佐藤文保 西表島・石垣島12月の蝶採集報告 琉球の昆虫(9):73~76.
佐藤文保 冬季の西表島でヤエヤマムラサキの卵と幼虫を観察 琉球の昆虫(9):76.
佐藤文保・島袋正敏・友寄隆史・比嘉武則 灯火利用による昆虫採集(1)国頭村西銘岳 琉球の昆虫(9):77~79.
佐藤文保・友寄隆史・中本正泰 灯火利用による昆虫採集(2)国頭村西銘岳 琉球の昆虫(9):80~82.
佐藤文保・友寄隆史・中本正泰 灯火利用による昆虫採集(3)国頭村西銘岳 琉球の昆虫(9):83.
長嶺邦雄 沖縄島のトンボ類の目撃記録(1982~1983年) 琉球の昆虫(9):84~88.
長嶺邦雄 1983年の訪花蝶の記録 琉球の昆虫(9):89~93.
長嶺邦雄・野林千枝 1983年・沖縄島のリュウキュウムラサキの記録 琉球の昆虫(9):94~96.
佐藤文保 沖縄島から初記録の昆虫類三種 琉球の昆虫(9):10.
佐藤文保 沖縄島から採集したカミキリ類三種 琉球の昆虫(9):43.
佐藤文保 マダラガ科・西表島12月の採集記録 琉球の昆虫(9):79.
佐藤文保 沖縄島北部でアシマダラマツムシを採集 琉球の昆虫(9):83.
佐藤文保 沖縄島北部でタイリクアキアカネを採集 琉球の昆虫(9):88.
長嶺邦雄 沖縄島初記録・オナガアカネの採集 琉球の昆虫(9):69.
野林千枝 沖縄島南部でコノハチョウを記録(1981年) 琉球の昆虫(9):96.
野林千枝 沖縄島でヤエヤマムラサキを記録 琉球の昆虫(9):97.
長嶺邦雄 沖縄島から採集・目撃された迷蝶(1983年) 琉球の昆虫(9):98.
新城安哲 ツバメに食べられたモンシロチョウ 琉球の昆虫(9):96.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.8.gif" alt="" >
琉球の昆虫第8号
1983.12.25 p59

黒住耐二・安部琢哉 硫黄鳥島で得た昆虫類 1.アリ類 琉球の昆虫(8):1~6.
黒住耐二・安部琢哉 硫黄鳥島で得た昆虫類 2.チョウ類 琉球の昆虫(8):7~8.
佐藤文保・新城安哲 沖縄島本部町八重岳レーダーサイトで採集した蛾類1 琉球の昆虫(8):9~10.
佐藤文保・当山昌直・国場幸典 沖縄島本部町八重岳レーダーサイトで採集した蛾類2 琉球の昆虫(8):10~12.
上杉謙司 蝶類成虫の天敵 琉球の昆虫(8):13~14.
野林千枝 1983年リュウキュウムラサキの記録 琉球の昆虫(8):15~16.
野林千枝 沖縄本島産スミナガシの記録 琉球の昆虫(8):17~19.
野林千枝 マサキルリマダラの記録 琉球の昆虫(8):19.
上杉謙司 1983年のヤエヤマムラサキ及びリュウキュウムラサキについて 琉球の昆虫(8):20~21.
当山昌直・岩附信紀・島村賢正 6・7月に採集した石垣島産のセミについて 琉球の昆虫(8):21~22.
上杉謙司 沖縄諸島瀬底島におけるベニモンアゲハの記録 琉球の昆虫(8):23.
上杉謙司 台風時における蝶類のかくれ場所、予報 琉球の昆虫(8):24.
野林千枝 沖縄島産ミカドアゲハ飼育記録 琉球の昆虫(8):25~26.
黒住耐二 西表島におけるムラサキシジミの蛹化場所の報告 琉球の昆虫(8):27.
上杉謙司 ヤエヤマイチモンジ異常型及びリュウキュウアサギマダラ異常型の採集記録 琉球の昆虫(8):28.
比嘉正一 沖縄県の蝶類(2)シロチョウ科 琉球の昆虫(8):29~59.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.7.gif" alt="" >
琉球の昆虫第7号
1983.12.1 p120

		

沖縄県の蝶類(1),アゲハチョウ科 比嘉正一 琉球の昆虫(7):8~36.
沖縄島での蝶類の幼生期の記録(1980年~1982年) 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):37~52.
沖縄島北部(1980~1982年)・南部(1982)の蝶 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):53~57.
アサギマダラParantica sitaを追って(1982年) 松村徹 琉球の昆虫(7):58~80.
ツゲモドキよりカワカミシロチョウ羽化する 野川義男 琉球の昆虫(7):81.
メスアカムラサキ、オオバコでの飼育記録 野林千枝 琉球の昆虫(7):82~84.
沖縄島でウスコモンアサギマダラ採集 野林千枝 琉球の昆虫(7):84.
沖縄諸島におけるメスアカムラサキHypolimnas misippusの大発生(1982) 上杉兼司・野林千枝 琉球の昆虫(7):85~88.
伊良部島の蝶-1982年の記録- 片野茂樹 琉球の昆虫(7):89~92.
1982年の訪花蝶の記録 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):93~97.
アゲハチョウ類2種の食草の新記載 上杉兼司 琉球の昆虫(7):98.
1975年庭のウラナミシロチョウ 比嘉正一 琉球の昆虫(7):99.
タテハモドキ(Precis almana)の産卵行動について 上杉兼司 琉球の昆虫(7):101.
秋の西表島調査報告(1982年) 渡辺清 琉球の昆虫(7):102~103.
黄色型ミカドアゲハ(Graphium dorson)について 渡辺清 琉球の昆虫(7):103.
渡嘉敷島の蝶類(1981年10月) 比嘉正一 琉球の昆虫(7):104~105.
タイワンツバメシジミEveres lacturnus okinawanus(1982年) 渡辺清 琉球の昆虫(7):106.
久高島の蝶類(1982年1月) 比嘉正一 琉球の昆虫(7):106.
ツマグロキチョウ沖縄島での採集例 比嘉正一 琉球の昆虫(7):107.
被害に泣くバナナ園 片野茂樹 琉球の昆虫(7):107.
沖縄島でクロコノマチョウ採集 野林千枝 琉球の昆虫(7):108.
カラスザンショウにナミアゲハとシロオビアゲハの幼虫 片野茂樹 琉球の昆虫(7):108.
仲之神島の蝶 新城安哲 琉球の昆虫(7):109.
オオゴマダラの移動 新城安哲 琉球の昆虫(7):109.
カワカミシロチョウの黄色型の記録 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):110.
1982,迷蝶ツマグロキチョウEurema laeta 渡辺清 琉球の昆虫(7):110.
コウトウマダラSalatura melanippusを採集(1981年) 松村徹 琉球の昆虫(7):111.
タイワンアサギマダラ 渡辺清 琉球の昆虫(7):111.
1982年迷蝶および異常型の採集記録 片野茂樹 琉球の昆虫(7):112.
ヤエヤマムラサキ(Hypolimnas antilope)の冬期の記録 上杉兼司 琉球の昆虫(7):113.
オオゴマダラIdea leuconoeの黒化型について 上杉兼司 琉球の昆虫(7):114.
シロオビアゲハPapilio polytesの異常型 上杉兼司 琉球の昆虫(7):115.
伊江島の蝶 新城安哲 琉球の昆虫(7):116.
伊江島でテングチョウを目撃 新城安哲 琉球の昆虫(7):116.
1982年もウスアオオナガウラナミシジミを採集・目撃 松村徹 琉球の昆虫(7):117.
奄美大島湯湾岳にて迷蝶2種を採集 松村徹 琉球の昆虫(7):117.
オキナワカラスアゲハ,沖縄島南部での記録 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):118.
シロオビアゲハの異常型2例 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):118.
ツマグロヒョウモン夏季の記録(1982年) 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):119.
沖縄市知花のセミ類(1982年) 比嘉正一 琉球の昆虫(7):100.
沖縄の蝶の季節消長 日浦勇 琉球の昆虫(7):1~7.
沖縄島でのセミ類の初聴き、終聴の記録(1982年) 長嶺邦雄 琉球の昆虫(7):120.

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.6.gif" alt="" >
琉球の昆虫第6号
1982年5月5日発行 P90

森下和彦 琉球の蝶 昔と今 琉球の昆虫(6):1~8.
長嶺邦雄 那覇市末吉森の蝶 琉球の昆虫(6):9~12.
長嶺邦雄 沖縄島南部の蝶(1980年、1981年) 琉球の昆虫(6):13~15.
比嘉正一 沖縄のテングチョウ(1) 琉球の昆虫(6):16~22.
比嘉正一 沖縄島へ侵入したクロボシセセリ(3) 琉球の昆虫(6):23~25.
比嘉正一 ヒメアカタテハの食草について 琉球の昆虫(6):26~27.
田中洋 沖縄島のモンキチョウの食草コメツブウマゴヤシ 琉球の昆虫(6):27.
長嶺邦雄 沖縄島における蝶5種の食草の記録 琉球の昆虫(6):28.
浅野隆・新城安哲 沖縄島北部山地と本部半島におけるリュウキュウウラナミジャノメの前翅長の比較 琉球の昆虫(6):29~31.
長浜美恵子 沖縄島におけるツマグロヒョウモンの飼育 琉球の昆虫(6):32~36.
田中洋 沖縄島のアサギマダラはどこから来て、どこへ行くのか 琉球の昆虫(6):37~39.
長嶺邦雄 ツマグロヒョウモンの夏季の記録(1981年) 琉球の昆虫(6):40.
長嶺邦雄 モンシロチョウ・アカタテハ・ウラナミシジミの夏季の記録(1981年) 琉球の昆虫(6):41.
長嶺邦雄 1981年の訪花蝶の記録 琉球の昆虫(6):42~44.
長嶺邦雄 1981年のテングチョウの記録 琉球の昆虫(6):44.
長嶺邦雄 1981年のウスキシロチョウの記録 琉球の昆虫(6):45~47.
田中洋 沖縄島産ナミエシロチョウの幼生期の観察 琉球の昆虫(6):48.
渡辺清 再びカクモンシジミについて 琉球の昆虫(6):49.
片野茂樹 ベニモンアゲハは伊良部島で土着か? 琉球の昆虫(6):50.
片野茂樹 メスアカムラサキの飼育記録 琉球の昆虫(6):50.
片野茂樹 迷蝶の採集および目撃の記録 琉球の昆虫(6):51.
比嘉正一 クロボシセセリの卵寄生蜂 琉球の昆虫(6):51.
比嘉正一 沖縄島の迷蝶2種(1981年) 琉球の昆虫(6):52.
松香宏隆 沖縄島にてナミエシロチョウを目撃 琉球の昆虫(6):52.
長嶺邦雄・比嘉正一 伊平屋島の採集報告(1981年8月) 琉球の昆虫(6):53~56.
比嘉正一 本部町水納島の蝶類(1981年) 琉球の昆虫(6):56.
比嘉正一 久米島の蝶類(1977年) 琉球の昆虫(6):57.
長嶺邦雄 1981年3月渡嘉敷島で目撃した蝶類 琉球の昆虫(6):58.
能川義男 渡嘉敷島のオキナワカラスアゲハとリュウキュウウラナミジャノメ 琉球の昆虫(6):59.
比嘉正一・崎山仁・喜屋武ひとみ、後藤岳志 八重山群島の蝶類・トンボ類(1979年) 琉球の昆虫(6):60~68.
勝屋潤 八重山諸島の蝶 琉球の昆虫(6):69~72.
比嘉正一 八重山群島の蝶類 琉球の昆虫(6):73~80.
渡辺清 小浜島四月の蝶 琉球の昆虫(6):81.
比嘉正一 波照間島の蝶類(1980年) 琉球の昆虫(6):82.
長嶺邦雄 セミ類の初聴き・終聴きの記録 沖縄島・1981年 琉球の昆虫(6):82.
長嶺邦雄・比嘉正一 タイリクアキアカネを伊平屋島で採集 琉球の昆虫(6):83~84.
長嶺邦雄 奄美大島で目撃した蝶類 琉球の昆虫(6):85.
比嘉正一 台湾の蝶類 琉球の昆虫(6):86~90.

会員から会誌に掲載された報告を知りたいとの希望があったので、連載します。

img src="/usr/okinawakontyou/IOLNo.5.gif" alt="" >
琉球の昆虫第5号
1981年3月20日発行 P66.

阿江茂 琉球のアゲハチョウ科について 琉球の昆虫(5):1~4.
長浜克英 フィリピン型リュウキュウムラサキから赤斑型が羽化(1979年) 琉球の昆虫(5):5~9.
長嶺邦雄 1980年のアサギマダラの観察 琉球の昆虫(5):10~11.
長嶺邦雄 1980年~1981年2月のウスキシロチョウについて 琉球の昆虫(5):12~18.
田中洋・新垣信秀 沖縄島新記録のタッパンルリシジミの記録 琉球の昆虫(5):19.
長浜克英 沖縄島において再びホリイコシジミを採集 琉球の昆虫(5):20.
渡辺清 ホリイコシジミについて 琉球の昆虫(5):21~22.
比嘉正一 沖縄島で発生したホリイコシジミの飼育例 琉球の昆虫(5):22.
小浜継雄 1979年、1980年の沖縄島のナミエシロチョウの記録-羽地大川における観察-

                   琉球の昆虫(5):23.

松村徹 1980年も沖縄島でルリウラナミシジミ採集さる 琉球の昆虫(5):24.
長嶺邦雄 1980年のルリウラナミシジミの記録 琉球の昆虫(5):24.
渡辺清・佐々木茂 カクモンシジミは果たして迷蝶か? 琉球の昆虫(5):25~26.
高橋真弓 ヒメジャノメとリュウキュウヒメジャノメの卵の大きさの比較(第2報) 琉球の昆虫(5):27.
浅野隆 リュウキュウウラナミジャノメの産卵数 琉球の昆虫(5):28.
長嶺邦雄 アマミウラナミシジミがヤマトシジミを追飛 琉球の昆虫(5):28.
比嘉正一 ムラサキシジミの食草について 琉球の昆虫(5):29.
浅野隆 リュウキュウウラボシシジミを3令よりヌスビトハギで飼育 琉球の昆虫(5):29.
長嶺邦雄 アワダンをかじったら死んだシロオビアゲハの幼虫 琉球の昆虫(5):30.
島袋健二 野外でナミアゲハ♀とシロオビアゲハ♂の交尾を観察 琉球の昆虫(5):30.
長嶺邦雄 モンシロチョウがトルコギキョウに産卵 琉球の昆虫(5):30.
比嘉正一 沖縄島のテングチョウについて 琉球の昆虫(5):31~33.
比嘉正一 西表島におけるテングチョウの採集例 琉球の昆虫(5):33.
浅野隆・新城安哲 1980年秋の沖縄島のテングチョウ 琉球の昆虫(5):34.
松村徹 沖縄島におけるテングチョウの周年経過1980年5月以降 琉球の昆虫(5):35.
田中洋 沖縄島でナガサキアゲハの有尾型♀を採集 琉球の昆虫(5):36.
田中洋・佐渡山安常 ナガサキアゲハ後羽の突出個体の記録 琉球の昆虫(5):37.
佐渡山安常 突出部の大きいナガサキアゲハ♀の採集記録 琉球の昆虫(5):38.
長嶺邦雄 1980年・ナミアゲハの記録 琉球の昆虫(5):39.
長嶺邦雄 ツマグロヒョウモン・モンシロチョウの7・8月の記録(1980年) 琉球の昆虫(5):40.
長嶺邦雄 末吉でムラサキシジミを目撃 琉球の昆虫(5):40.
長嶺邦雄 1980年の訪花蝶の記録 琉球の昆虫(5):41~46.
長嶺邦雄 数種の蝶の冬期の観察 琉球の昆虫(5):47~49.
高橋真弓 渡嘉敷島・春の蝶類 琉球の昆虫(5):50~53.
長嶺邦雄 慶良間諸島からの採集報告 琉球の昆虫(5):54~56.
比嘉正一 座間味島で目撃した蝶類(1980年) 琉球の昆虫(5):57~58.
長嶺邦雄 1980年8月・伊平屋島からの採集報告 琉球の昆虫(5):59~60.
長嶺邦雄 伊計島3月の採集・観察記録 琉球の昆虫(5):61.
長嶺邦雄 宮城島の蝶の記録 琉球の昆虫(5):61.
小浜継雄・砂川博秋 宮古島のトンボ類 琉球の昆虫(5):62~64.
比嘉正一 国頭村奥にてタテヅノマルバネクワガタを採集 琉球の昆虫(5):64.
渡辺清 ハワイ産のナミアゲハ 琉球の昆虫(5):65.
比嘉正一 北海道天塩地方演習林の蝶類(1979) 琉球の昆虫(5):66.

各位へ

 残暑、お見舞い申し上げます。
 台風9号の被害は凄まじく、2号の比ではないようです。森の樹木の倒木、枝・葉のなくなりようは今までにないことかもしれません。
 当然、虫も少なく、成果はなく、秋まで待つしかないようです。そんな中。
8月定例会のお知らせです。
 
最新の虫情報をぜひ定例会で報告して下さい。
マニアックな話や超貴重でレアとか、絶対自慢したいことなど。自分が感動したことを報告し、聞いてくれて感銘するのは沖昆の例会だけ。
自分の追いかけているテーマ等、ぜひお話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。

日時 8月24日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

各位へ

 今年は台風の当たり年のようです。巨大台風は沖縄を暴風域に巻き込むのか、
 心配です。
7月定例会のお知らせです。
 チョウの個体数は少ないのですが、今まで疎遠だったモンキチョウが見られるし、ナミアゲハも3日連続で見ています。これから良い事あるのかな。
そんな話をぜひ定例会で報告して下さい。
マニアックな話や超貴重な出来事・面白いこと、聞いてくれて感銘するのは沖昆の例会だけ。
自分の追いかけているテーマ等、ぜひお話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。

日時 7月20日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

img src="/usr/okinawakontyou/2011.6.26manabinomori.gif" alt="" >
6月25・26日に実施した国頭村「学びの森」の合宿参加者

img src="/usr/okinawakontyou/tatehamodoki.gif" alt="" >
各位へ

暑中お見舞い申し上げます。
6月定例会のお知らせです。
 前例のない5月の台風被害は、虫の発生にも影響を与えたのではないでしょうか。
中城城跡南側の森では、この時期1時間ほど歩けば100頭を優に超えていたアマミウラナミシジミが10頭あまりでした。他のチョウも同様です。
そんな話をぜひ定例会で報告して下さい。
マニアックな話や面白いこと、聞いてくれて共感するのは沖昆の例会だけ。
自分の追いかけているテーマ等、ぜひ、お話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。

6月25・26日に実施する「学びの森」の合宿の最終確認を致します。
日時 6月22日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

各位へ
沖縄昆虫同好会会誌「琉球の昆虫」No.35が完成しましたので
お知らせ致します。
会員にはまもなく郵送されてきますので、しばらくお待ち下さい。

img src="/usr/okinawakontyou/35omote.gif" alt="" >
琉球の昆虫」No.35 表紙

                目 次
2010年沖縄県で見られた迷蝶 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮城秋乃・青柳克 1-4
沖縄県で撮影したナミアゲハ春型個体 ・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・宮城秋乃 4
2010年・沖縄島の蝶の記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野林千枝 5-14
沖縄県離島の蝶、覚え書き ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新田敦子 15-17
蝶の幼生期の記録(2010) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 長嶺邦雄 17-23
渡嘉敷島のチョウ・トンボ・セミ(2010) ・・・・・・・・・・・・・・・・・長嶺邦雄 23-24
ツマベニチョウがメキシコサワギクへ複数産卵  ・・・・・・・・・・・・・ 宮城秋乃 24
蝶類の記録(2010年)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 比嘉正一 25-39
アサギマダラのマーキング調査報告(2010年) ・・・・・・・・・・・・・   長嶺邦雄 40-47
アサギマダラの幼生期の記録 (2010)  ・・・・・・・・・・・・・・・・   長嶺邦雄 48-50
2010年・沖縄島のアサギマダラのマーキング記録 ・・・・・・・・・・・・・・野林千枝 50-51
アサギマダラマーキング調査(2010)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 比嘉正一 52-55
奈良県・高知県から沖縄県へ飛来したアサギマダラマーク個体の記録・・・・  宮城秋乃 56
沖縄県におけるハナノミ科 オビハナノミ属、ホシハナノミ属の記録(2)・・・松村雅史 57-59
沖縄県におけるカッコウムシの記録(2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・松村雅史 59-62
浦添大公園で目撃・採集したタマムシ2種の追加記録・・・・・・・・・・・・・野林千枝 62-64
トゲムネサルゾウムシの1種、分布拡大の記録・・・・・・・・・・・・・・・・・野林千枝 64-65
10月に石垣島でサキシマクロナガコメツキ2頭を撮影・・・・・・・・・・・・・宮城秋乃 65
カミナリハムシが単独でゲニタリアを露出・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮城秋乃 66
カミナリハムシがタイワンハムシにマウント行動・・・・・・・・・・・・・  宮城秋乃 66
沖縄島におけるオセアニアハネビロトンボの記録(テンジクハネビロトンボの記録の訂正)
・・・・・・・・・焼田理一郎・片野茂樹 67
屋我地島のトンボの記録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   焼田理一郎 68
恩納村でオニヤンマを採集・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・  焼田理一郎 69
恩納村でコフキトンボを採集・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・焼田理一郎 70
沖縄県の離島における目撃記録しかなかったトンボの採集記録・・・・・・・・ 焼田理一郎 71
リュウキュウアブラゼミの色彩不全・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮城秋乃 72
コガタスズメバチがセイヨウミツバチの巣を襲う様子を観察・・・・・・・・  宮城秋乃 72
セイヨウミツバチどうしの喧嘩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮城秋乃 73
北大東島でクロマダラソテツシジミを採集 ・・・・・・・・・北川朝生、須藤正弘、岩瀬晃 73
読谷村と恩納村でオオシマオオトラフコガネを採集 ・・・・・・・ ・・ 長田勝・小浜継雄 74
那覇市における5月のキョウチクトウスズメ・・・・・・・・・・・・・・・・ 長田勝 74
ヤエヤマクチキコオロギの於茂登岳(石垣島)山頂における真冬の記録・・・・楠井善久  75
石垣島における冬期のカミキリムシ4種・・・・・・・・・・・・・・・・・・楠井善久  75-76
於茂登岳の崩落 ―虫達の天災と人災―・・・・・・・・・・・・・・・・・・楠井善久  76-77
沖縄島の蝶・成虫の記録(2009,2010年) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・長嶺邦雄 78-94
秋に鳴いたクマゼミ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金城優子・金城嵐太 94
池間島の水生昆虫類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 青柳克 95-100
沖縄島近隣島嶼(屋我地島・瀬底島・伊計島・浜比嘉島)の水生昆虫類・・・・・青柳克 101-110
シャミセンコイチャコガネの与那国島での記録・・・・・・・・・・・・・・・青木一宰 110
シロアナアキゾウムシの与那国島での記録・・・・・・・・・・・・・・・・・青木一宰 110-111
ヤエヤマカンショコガネの与那国島での記録・・・・・・・・・・・・・・・ 青木一宰 111
チョウの♀2種の吸水  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮城秋乃 112
訂正・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青木一宰 112
【編集後記】/表紙カット ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・113
沖縄昆虫同好会 会告
 年会費:一般会員・家族会員 年額 3,000円 小・中・高校生会員  年額 2,000円(県内だけ)                 
琉球の昆虫」バックナンバーのご案内                        
第1~6号 (絶版)                              
第7~20号(絶版寸前だが号によって在庫あり、処分品で各1冊1000円) 
第21号 (1996年分:発行2002年) 3,000円 第22号 (1997年分:発行2003年) 3,000円
第23号 (1998年分:発行2003年) 3,000円 第24号 (1999年分:発行2004年) 3,000円
第25号 (2000年分:発行2005年) 3,000円 第26号 (2001年分:発行2005年) 3,000円
第27号 (2002年分:発行2005年) 3,000円 第28号 (2003年分:発行2006年) 3,000円
第29号 (2004年分:発行2006年) 3,000円 第30号 (2005年分:発行2006年) 3,000円
第31号 (2006年分:発行2006年) 3,000円 第32号 (2007年分:発行2008年) 3,000円
第33号 (2008年分:発行2009年) 3,000円 第34号 (2009年分:発行2010年) 3,000円
             
※バックナンバーの注文は事務局・長嶺までお問い合わせ下さい。
琉球の昆虫 第35号 Insects of Loochoos No.35
発行日:2011年 4月30日 発行:沖縄昆虫同好会 Okinawa Entomological Society
(事務局) 〒901-0145 那覇市高良2-13-67 長嶺邦雄 方

各位へ

下記の日程で総会、5月例会を開催いたしますので
お知らせいたします。
5月25日 水曜日 19:00~21:00
琉球大学農学部「風樹館」2階
○当日、楠井・宮城さんの講演を予定しています。
ぜひ、参加をお願いします。

各位へ

4月例会のお知らせです。

今年は例年になく、気温の低い期間が長かったのか、去年と同じ時期に比べてチョウの数が少ない。糸数、浦添大公園、末吉公園と出かけたが、いずれの場所も少なかった。
皆さんの結果はどうですか。
マニアックな話や面白いこと、聞いてくれて共感するのは沖昆の例会だけ。
自分の追いかけているテーマ等、ぜひ、お話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。
日時 4月20日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

各位へ

3月例会のお知らせです。
近頃、ようやく暖かくなったと思ったら、最後なのか寒波がやってきました。
今年は例年になく、気温の低い期間が長いようです。
マニアックな自慢話やエピソード、聞いてくれて共感するのは沖昆の例会だけ。
自慢したいこと、ぜひ、お話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。

日時 3月23日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

各位へ

2月例会のお知らせです。
今年は例年になく、気温の低い期間が長いようです。
天気が良いと近くに出かけているのですが、チョウは翔んでいません。気温が上昇すると、一気に増えるのかも知れません。
期待しましょう。
マニアックな自慢話やエピソード、聞いてくれて共感するのは沖昆の例会だけ。例会でぜひ、お話下さい。
会員でない方でも参加は自由です。

日時 2月23日水曜日 午後7時~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」2F

各位へ

寒中、お見舞い申し上げます。
ムーチービーサなのでしょう。寒い毎日が続いています。
虫を見に行くのも、ちょっと腰がひけます。
本年はウサギ年、ではなく今年も「虫年」ありますように。
皆様のご協力よろしくお願いします。
さて、12月の例会で1月は新年会の話をしましたが
今回も飲食持参の会にしたいと思います。
一人一品持ち寄り、天ぷら、お茶、ケーキ、お菓子、餅等なんでも
かまいません。

 今年1年、会の発展を祈って、出発したいと思います。
日時 1月19日水曜日 午後7~9時
場所 琉球大学農学部「風樹館」

琉球の昆虫35号の原稿募集について
 例年だと数名から原稿をいただいているのですが、現在短報が
 届き、長編がありません。早めに原稿を下さいますようお願い
 致します。1月末締め切りにしてましたが、2月末に変更
 4月30日発行を目指します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional